ボッチャは、最後に白玉の近くに玉のあるチームが勝つシンプルなゲームです。

ボッチャコート
ボッチャコートは15m×6mのバトミントンコートダブルス(13.4m×6.1m)とほぼ同じ大きさ。

コイントスで先行後攻を決めます。

※コイントス・・・ジャンケンをし表裏を決めます。次にコイントスをし、勝者が先攻後攻を決めます。先行(赤)になり、後攻(青)になります。

3対3の団体戦。
左から赤青赤青赤青と並びます。1チーム6個投げるので、1人2個ずつ持ちます。個人戦なら6球ずつ、ペアなら3球ずつ、チーム(団体戦)なら2球ずつ持ちます
先行の赤の左端が最初にジャックボールという目印になる白いボールを投げる。

※ジャックボール無効エリアで静止させたり、サイドラインやエンドラインを超えて投球してしまうと相手にジャックボールを投げる権利が移る。
続けて左端が赤いボールを投げます。

※自分のボールがコート外にでてしまうと、そのボールは無効となり、続けて次のボール投げます。
次に後攻の青を投げます。

順番に投げるのではなく、ジャックボールに遠いチームが投げます。

青のほうが遠いのでもう一度青が投げます。
投げる順番は決まっていないので、チーム内で誰から投げるか相談できます。
赤が遠いので投げます。青にぶつけてもOK。
青にぶつけて赤が近くなりました。
どんどん投げます。微妙にどちらが近いかわからない場合はコンパス(キャリパー)で測ります。
よくみると、赤のほうが近いので、次は青です。
青がすべてなくなりました。まだ赤が近いです。これで終わりではありません。赤を全部投げ切ります。

※勝ちが決定しているので、最後3つ赤ボールを投げないという選択もできます。
ちなみに、競技中にジャックボールが枠から出た場合、真ん中のクロス(+)の上に置きます。
判定は赤の二点。赤の勝ち。

ここまでが1エンド

団体戦は6エンド
個人戦は4エンド
ペア戦は4エンド
合計点で勝敗が決まります。

同点の場合「タイブレイク」で勝敗が決まります。
1 タイブレイクは、全てのエンド終了後に行われる、追加のエンドである。
2 試合を行った投球ボックスのままで行う。
3 タイブレイクでは、じゃんけんの勝者が、どちらのチームが先に投球するかを選ぶことができる。
4 ジャックボールは、クロスの位置に置く。
5 各チームは投球者を決めて 1 球のみ投球する。ジャックボールに最も近いボールを投げたチームが勝者となる。
6 タイブレイクでも決着がつかない場合(等距離の場合)、2回目のタイブレイクが行われる。2回目は相手チームの投球で開始する。その際、投球者は替わってもよい。

距離が微妙な場合はキャリパー(コンパスのような道具)で計測します
キャリパーが届かないときはメジャーをつかいます

目標に近づける「アプローチ」、他の球に当てて飛ばす「ヒット」、他のボールを押して近づける「プッシュ」の3種類で、戦略をたたて投球する。「ロビング」というノーバンで直接ボールに当てる技や、ボールの上に乗っかる「ライジング」も稀にあります。

時にはボールの上に乗っかることも( ゚Д゚)

【クラス分け】

ボッチャクラス

【公式種目別】
個人BC1 個人BC2 個人BC3 個人BC4
団体BC1 団体BC2
ペアBC3 ペアBC4

ジャパンボッチャクラブでは健常者、障がい者、分け隔てなく、小さい子からご年配の方まで、性別も関係なく同じコート同じルールで試合ができる大会や講習会を開催しております。
また、体験などご希望があればお気軽にお問い合わせください。

たのしそーから、たのしむへ

JAPAN BOCCIA CLUB では6m×6mの正方形のコートを使う場合もあります